アンプルール美白

アンプルール美白化粧品で肝斑対策

30代から40代にかけて、女性の多くが直面する肌悩みが肝斑です。肝斑とは、頬骨に沿って目じりの下あたりに左右対称にできるシミであり、化粧でも隠しづらい厄介なシミのことです。

 

若い頃からお肌のケアは気を付けていても、肝斑の原因は女性ホルモンが影響していると考えられているため、できる前から肝斑対策をしておくことが必要です。肝斑対策でおすすめなのがアンプルールの美白化粧品です。

 

アンプルールは数多くのメディアでも取り上げられているだけでなく、数々のベストコスメを受賞している実力派の美白化粧品です。その理由は、アンプルールが皮膚科医によって開発された化粧品だからです。

 

 

アンプルールを開発した高瀬聡子医師は、たくさんの症例を見てきた経験から肌の奥にあるシミ予備軍を徹底的にケアすることが透明感のある美しい肌作りには不可欠であることを、科学的に検証、開発してきました。こうして生まれたのが新安定型ハイドロキノンを配合したアンプルールの美白化粧品です。

 

肌の漂白剤とも言われるハイドロキノンは、長年シミやそばかすなどの治療に用いられてきましたが、その効果の高さによって、刺激や副作用の管理が難しいという側面がありました。シミの原因であるメラニン発生を抑えるハイドロキノンを安定させる物質BCDACを合成させてできたのが新安定型ハイドロキノンです。

 

安定型ハイドロキノンは美白効果はそのままに、酸化や熱に耐性を持つため、肌への効果を感じつつも低刺激になりました。アンプルールは世界で初めてこの成分を化粧品に取り入れることに成功したのです。

 

大切な肌につける化粧品ですから、一番気になるのが安全性です。アンプルールでは刺激性とアレルギー反応のパッチテストを行ったところ、すべての症例で陰性が確認されています。

 

新安定型ハイドロキノンは従来の紫外線によるシミだけでなく、ホルモンバランスの乱れによる肝斑にも効果があることがわかっています。口コミの評価が高いのもその表れでしょう。

 

肝斑対策は早めに、確かな美白化粧品を選ぶことが肝心です。気になる人はアンプルールをおすすめします。

 

 

プレミアムベルエタンセルはこちら